自己破産デメリット|自己破産する前に確認してね♪

自己破産のメリット・デメリット

メリット デメリット
支払い義務が免除される 最大10年は借入できない
支払督促が止む 官報へ掲載される
借金リセットですっきり 全ての財産を手放す
将来への希望と可能性が広がる 最大10年クレカが作れない

+α 自己破産のデメリット
クレジットカード・ETCカードが作れない
住宅ローンが借りられない
賃貸物件の契約ができない
婚活では死活問題に発展する
自己破産しても借金が無くならないケースも

「自己破産」は最後の砦

借金が多くなり、返済が滞りだすと、途端に現金がなくなりどうにもできなくなる辛さを味わい事になります。
借金の督促は激しいものではなくても、電話がなるだけでドキッとしますし、常に精神的な負担を感じるというストレスをかかえて、日々を過ごすようになります。

何とか借金から自由になりたい。督促に怯えないように、堂々と日々を過ごしたいと思うことでしょう。
そのような生活をしている方の内、自己破産について考えている方も多いことでしょう。

自己破産は借金問題解決において、最後の砦と言われていますが、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?


良いことばかりではない自己破産

自己破産の申請をして、裁判所に免責が認められれば、晴れて自由の身になれます。
しかし、本当に自己破産以外に選択肢がないのか?よくよく専門家に相談しつつ、複数の選択肢を比較することが大事になってきます。

たった一人の弁護士や司法書士だけに頼ることは、判断を謝ることにもなりかねません。
やはり、借金問題に精通した専門家、弁護士や司法書士が必要です。

離婚専門の弁護士に、借金問題を相談しても、あまり良くないことは誰でも分かるでしょう。

自己破産は、強力な法律なので、確かに借金問題は一気に片付きます。
面倒で、うっとうしかった督促からも、自由になれるでしょう。

しかし、自己破産は万能の杖ではありません。いいことばかりではなく、デメリットも存在することをきちんと把握しておくと良いでしょう。

特に周りに知られたり、家族や友人に迷惑がかかることはありません。
しかし、5年から10年という長期間に渡り、社会的に与信行為が行われなくなります。

平たく言うと、ローンや借入など、金融機関からの与信が行われないということです。
手持ちの現金が、財産の全てになります。

これらのデメリットを鑑みた上で、どうしても借金問題で行き詰まっているとすれば、自己破産はやむなしという判断になるでしょう。あなたの人生において重大な節目になる自己破産。

いい加減に判断せずに、複数の専門家に相談して、間違いがないようにしたいですね。

本当に自己破産が必要?セカンドオピニオンで比較

セカンドオピニオンで比較

自己破産を覚悟したのなら尚更、今一度しっかりと借金問題の専門家を、複数比較してみましょう

あなたの借金問題を、無料&匿名でシュミレーションしてくれるサイトがあり、そのまま複数の専門家に相談できる仕組みなっています。

自己破産は時間もお金も必要なので、しっかりとその必要性や、価格も比較して見極めたいですよね。
1分〜2分で簡単に終了しますので、ご自分の人生ですから、間違えた判断をしないよう比較して下さい。